法然院 紅葉

左京区鹿ケ谷の法然院には、山門を入ると両側に白い盛り砂があります。
白砂壇(びゃくさだん)といい、水を表わす砂壇の間を通ることは、心身を清めて浄域に入ることを意味しているそうです。

法然院の紅葉はこの白砂壇と山門と紅葉が絵になります。
普段は静かなお寺が紅葉の時期はにぎやかになります。
今は少し色づいてきた感じですね。見ごろは下旬くらいでしょうか。

コメントを残す