岩戸落葉神社 銀杏

今年は、紅葉の見ごろの時期に雨が多くて困りますね。

銀杏で黄金色に輝く岩戸落葉神社をご存知でしょうか。
京都市街から周山街道を約20キロ北上した場所にある岩戸落葉神社。
山里にひっそりと建つこの神社の見所は、20メートルを越える高さにまで成長した銀杏の巨木。
境内には、小さな社が2つ(岩戸社と落葉社)あります。 2つの神社が鳥居と拝殿を共有していることから、岩戸落葉神社と呼ばれるようになりました。

今は銀杏の木の葉っぱはだいぶん少なくなってしまいましたが、地面には黄色い絨毯が敷き詰められたかのようです。
銀杏の木と鳥居と銀杏の絨毯の写真はうっとりするくらい美しいですよ。

コメントを残す