新日吉神宮(いまひえじんぐう) ご神猿

今年もあと2日になりました。
穏やかな晴れのお天気が慌ただしさを和らげてくれるような気もします。

たくさんの神社、お寺では新年の準備が整いました。
来年の干支は申ですね。申にちなんだ神社をご紹介します。
東山区の新日吉神宮(いまひえじんぐう)には、本殿前に口を開いた「阿形」と、口を閉じた「吽形」の狛犬ならぬ、狛猿が鎮座しています。
さらに、本殿前部のひさしの上に神猿がいます。鈴と扇子を持ち、柱の上に腰かけています。とても愛らしい顔をしています。
ひさしの上の猿は居るということを知らないと見逃してしまいます。是非、探してみてください(^_-)-☆

新日吉神宮の3体の猿は神の使いとも言われ、「厄除け」「開運招福」にご利益があるそうです。
いつもは静かな神社も、初詣はにぎわいそうですね。

コメントを残す