両足院の半夏生が白く色づいてきました 6月15日

半夏生で知られる建仁寺塔頭の両足院、今年も葉が白く化粧をする季節になりました。
6月6日から7月6日まで特別公開されています。
ちょうどきれいに白くなってきましたよ。
お茶をいただきながら、ゆったりとお庭に降りて、近くで観察するもよし、お部屋の上から景色を楽しむのもよい場所です。

今年の半夏生は7月1日で、夏至から数えて11日目です。この頃に花が咲くことから半夏生と呼ばれたり、葉の半分ほどが白くなることの半化粧からきているとか。
花が咲き終わって夏の盛りの頃になると、白い葉の白い部分は色落ちして、 ふつうの緑色になります。

両足院
東山区小松町591 建仁寺山内
http://www.ryosokuin.com/

コメントを残す