北野天満宮ではずいき祭の還幸祭が行われました 10月4日

北野天満宮のずいき祭は、菅原道真公が大宰府で彫られた木像を祀り、秋の収穫時に野菜や穀物をお供えしたのが始まりだそうです。
ずいき神輿は屋根は里芋の茎である芋苗英(いもずいき)で、いろいろな野菜で装飾されています。
装飾は毎年違うのだとか。
今日の還幸祭では西ノ京の御旅所から北野天満宮に戻るお祭りです。
北野天満宮近くの上七軒も通り、舞妓さんや芸妓さんの周りにはたくさんの人です。
そして、北野天満宮へと帰ります。ずいき神輿は、北野天満宮の前でお祓いを受けた後、御旅所へと戻ります。
ずいき祭最終日の明日は「后宴祭」が15時半より北野天満宮の拝殿前で行われます。

北野天満宮

ずいき祭 10月1日(土)~5日(水)開催

コメントを残す