了徳寺で報恩講(大根焚)が行われました 12月9日

右京区鳴滝の了徳寺で、報恩講(大根焚)が行われました。
親鸞聖人が了徳寺を訪れ、教えを説いたお礼に塩炊きの大根を捧げたことに始まったと伝えられます。
毎年、12月9日と10日に行われる報恩講「大根焚」では3,000本の青くび大根が使われます。
この大根をいただくと中風にならないと伝えられています。
前日から焚込まれて味のしみ込んだ大根をいただく、冬の風物詩です。

了徳寺
右京区鳴滝本町83
http://www.ryoutokuji.or.jp/

コメントを残す