知恩院の除夜の鐘試し撞き 12月27日

知恩院の除夜の鐘はテレビなどでも報道されるほど有名です。
日本最大級の大梵鐘として知られ、大みそかには、「えーいひとーつ」「そーれ」の掛け声のもと、親綱、子綱を持つ17人の僧侶が除夜の鐘を打ち鳴らします。
参拝者は撞くことはできませんが、迫力のある除夜の鐘です。煩悩の数、108打を約1分間隔で撞かれます。

大みそかに先立ち、本日2時より試し撞きが行われました。
雨が心配されましたが、なんとか小雨でおさまり、無事に写真に収められました。
今日もたくさんの人でしたが、場所も変えて撮ることができました。

知恩院
東山区林下町400
http://www.chion-in.or.jp/

 

コメントを残す