京都三大祭りの一つ、時代祭が行われています。

秋晴れの良いお天気に恵まれ、時代祭が行われました。
京都に都が置かれた約千年間の装束の変遷を壮麗な歴史絵巻として見せてくれます。
約2000人の行列は京都御所を出発し、平安神宮へと向かいます。
御所の最後尾が出発する頃には、先頭は平安神宮に到着するのではと思われる長さです。
昨年は台風のため中止になりましたが、今年は大変よいお天気のもと平成最後の時代祭となりました。
たくさんの見物客には外国の方もたくさんいらっしゃいました。