大覚寺では60年に一度の戊戌開封法会が行われています。

よく晴れた日が続きます。
暖かく紅葉の進みはちょっと遅くなったかもしれませんが、秋の過ごしやすい日々が楽しめます!

昨日は、大覚寺へ出かけました。
60年に一度開かれる扉の中には、嵯峨天皇が紺紙に金泥で書かれた般若心経が開封されています。
この写経の年が戊戌で、60年に一度開封されるそうです。
11月30日までで、この時期は嵯峨菊展も開催中です。
建物の周りにまで嵯峨菊が置かれていて、この時期の楽しみです。
紅葉は少し色づいてきた木があります。見頃とまでは行きませんが、十分楽しむことができます。
夜はライトアップも開催中です。

大覚寺
https://www.daikakuji.or.jp/