両足院では白く化粧した半夏生が見ごろです。

今日は夏至。夏至から数えて11日目の7月2日頃から七夕頃までが半夏生と言われ、田植えを終えるものとされてきました。
半夏生は「半夏(はんげ)が生ずる」の意味で、この「半夏」とは烏柄杓(からすびしゃく)のことですが、半夏生の植物のほうがこの時期に咲くことで知られます。

半夏生の寺で知られる両足院では、白く化粧した半夏生が今ちょうど見ごろを迎えています。
半夏生の花が咲き、上から3枚までが白くなりました。
花は白い紐のようで、白くなった葉の方が花が咲いたように見えます。
白くなるのは表側だけで裏は緑のまま。花の時期が終わる夏にはまた緑の葉に戻ります。
お庭の公開は7月7日までですが、ちょうど今が見ごろでこれからもよろしく徐々に緑に戻ってしまいます。
お早めにお出かけください。

建仁寺塔頭両足院
https://ryosokuin.com/