東林院の「沙羅の花を愛でる会」に行ってきました!

東林院は臨済宗妙心寺の塔頭の一つで、沙羅双樹の寺と呼ばれています。
基本的には非公開寺院で、6月15日から6月30日までは「沙羅の花を愛でる会」が催され、特別に拝観することができます。
日本でいう沙羅双樹は夏椿で「一日花」と呼ばれ一日で落ちてしまう可憐ではかない花です。
苔に覆われた方丈庭園には、10数本の沙羅の木があります。
沙羅の花をイメージしたお菓子とお抹茶付きで、住職のユーモアたっぷりのお話を聞きながら鑑賞できます。

妙心寺東林院
右京区花園妙心寺町59