八幡山

山の上には、町内に祀られている八幡宮を勧請。山鉾巡行時には、朱塗りの鳥居に二羽の鳩が向かい合ってとまる。宵山では、総金箔の小祠を目の前で拝観する事が出来る。
装飾
山の上の小祀は総金箔の美麗なもので天明年間(1781~88)の製作といわれる。水引は金地花鳥総縫仙園図唐織、前掛はかって上下詩文と人物風景文の慶寿裂が用いられてきたが、現在では円山応祥下絵の飛鳩図綴錦にかえている。
胴掛は雲龍文の綴錦の継ぎ合せ、見送は日輪双鳳人物文蝦夷錦(えぞにしき)のものと藍地雲龍文綴錦のものとがある。欄縁の彫金飛鶴は河原林秀興作と伝える。前面をかざる朱塗鳥居の上には木彫胡粉彩色の鳩がとまっている。そのほか、著名な美術品として海北友雪(かいほくゆうせん)(1598~1677)筆の祇園祭札図屏風六曲片を蔵している。
2012年:山の鳥居に載せる木彫の鳩のつがいを復元新調した。

  • 住所: 中京区新町通三条下る三条町
  • ご利益(お守り等):夜泣き封じ
  • 鉾の重さ:0.75トン(巡行時。人、懸想品含む)
  • 八幡山ホームページ
宵山
山鉾巡行

関連記事

  1. 菊水鉾

  2. 霰天神山

  3. 船鉾

  4. 南観音山

  5. 鯉山

  6. 黒主山

  7. 四条傘鉾

  8. 山伏山

  9. 芦刈山

  10. 布袋山

  11. 鈴鹿山

  12. 北観音山