南観音山

「下り観音山」ともいわれ、江戸時代は北観音山と隔年交代で巡行していたが、明治以来毎年出ることになり、後の祭の山鉾巡行の最後をしめくくる曳山である。
お祀りしてある楊柳観音は、天明の大火に羅災し頭部だけが残り、他の部分は後の補修である。そのため、像は宝冠をかぶりながら坐像という型になってしまっている。脇侍には善財童子を配し、真木には松を用い、その下から2段目の枝に鳩がとまっている。 
装飾
天水引は塩川文麟下絵の「四神の図」。下水引の舞楽図刺繍は土佐光孚(とさみつたね)(1780~1852)下絵で、前掛は異无須織(いむすおり)と伝える華麗なペルシャ絹緞通(だんつう)の逸品である。
また胴掛にはペルシャ花文の緞通が用いられている。そのほか孔雀草花文インド更紗や貞享元年(1684)在銘の花文インド更紗なども保存している。見送は中国明時代の雲中青海波文(うんちゅうせいかいはもん)の綴錦である。
2011年:山の後部を飾る新しい後掛「中東連花水辺に魚文様 ペルシャ絨毯(じゅうたん)」を購入
山の四隅につり下げて飾る金糸大房を110年ぶりに復元新調

  • 住所:中京区新町通錦小路上る百足屋町
  • 山に登るには:拝観券\300を購入
  • 山の重さ:9.54トン(巡行時。人、懸想品含む)7.05トン(山鉾装飾のみの重量)
山建て
曳き初め
宵山
山鉾巡行

関連記事

  1. 岩戸山

  2. 大船鉾

  3. 長刀鉾

  4. 四条傘鉾

  5. 黒主山

  6. 山伏山

  7. 白楽天山

  8. 霰天神山

  9. 綾傘鉾

  10. 芦刈山

  11. 占出山

  12. 油天神山