山伏山

山伏山は山に飾る御神躰(人形)が山伏の姿をしているのでこう呼ばれる。
傾いた八坂の塔を法力で直したという浄蔵貴所がご神体で、山伏姿は大峰入りを現している。右手に苛高数珠、左手には斧を持ち腰には法螺貝をつけ笈を背う。
宵山では、2階にあるご神体を下から見上げて拝観する事ができる。
装飾
欄縁金具は飛鶴、水引は機織図を描く綴錦、前掛は雲龍文の刺繍、胴掛は花卉胡蝶文の綴錦、見送には龍波涛文の綴錦を用いている。
巡行の数日前には聖護院の山伏たちの巡拝があり、また八坂神社からの清祓とともに六角堂から法印の祈祷が行われ、神供を供える三宝も仏式の黒塗のものが用いられている。明治初年の神仏分離以前の姿をこの山にみることができる。

  • 住所:中京区室町通蛸薬師下る山伏山町
  • 山の重さ:0.60トン(巡行時。人、懸想品含む)
山建て
宵山
山鉾巡行

関連記事

  1. 孟宗山

  2. 保昌山

  3. 綾傘鉾

  4. 油天神山

  5. 菊水鉾

  6. 大船鉾

  7. 函谷鉾

  8. 橋弁慶山

  9. 蟷螂山

  10. 岩戸山

  11. 占出山

  12. 鯉山