岩戸山

天の岩戸を開いて天照大神が出現する日本神話から取材している。山とはいえ鉾と同じ車を付けた曳山である。
江戸時代中期に曳山に改造されたもので、その名残りとして鉾柱のかわりに屋上に松を立てている。
三体の御神躰(人形)を飾るが、天照大神は白衣姿で胸に鏡を掛け、脇に安置されている手力雄尊(戸隠大明神)は白衣に冠をかむり、屋根の上には太刀を帯き天瓊矛を突き出した伊弉諾尊を安置している。
装飾
屋根裏の金地著彩草花図は今尾景年の筆、前後軒裏の金地著彩鶺鴒図は弟子の中島華鳳の筆によるものである。下水引は波鳳凰文綾地錦、前掛は玉取獅子文中国緞通、胴掛はペルシャ唐草文緞通である。
見送は、日月龍百人唐子遊文図で、これは昭和61年(1986)に復元新調されたものである。
別に旧見送として、皆川泰蔵作のヴェネチア図を保存している。 

  • 住所:下京区新町通高辻上る岩戸山町
  • ご利益(お守り等):開運
  • 山に登るには:拝観券¥300を購入
  • 山の重さ:8.25トン(巡行時。人、懸想品含む)5.4トン(山鉾装飾のみの重量)
  • 岩戸山ホームページ
鉾建
曳き初め
宵山
山鉾巡行

関連記事

  1. 鶏鉾

  2. 大船鉾

  3. 占出山

  4. 白楽天山

  5. 木賊山

  6. 芦刈山

  7. 長刀鉾

  8. 船鉾

  9. 保昌山

  10. 役行者山

  11. 布袋山

  12. 霰天神山