布袋山

「鷹匠」「樽負」「犬飼」の御神体が並んで飾られます。
この「鷹匠」と「犬飼」は、源頼朝、もしくは在原行平と言われ、真ん中の「樽負」は粽を食べているという、ユニークなもの。
『細川家絵巻』によれば、屋根が無く、かなり大きな曳山だったようです。
「太郎山」「樽負山」とも呼ばれ、樽の中の御神酒には疫病退散の力が宿っているのかもしれません。

寄付された見送「染彩猛禽之図」は皆川月華の作。
お囃子を伴う大型の曳山だったが元治の大火(1864)でほとんどのものを焼失。

  • 住所:中京区三条通室町西入衣棚町

関連記事

  1. 黒主山

  2. 鶏鉾

  3. 橋弁慶山

  4. 菊水鉾

  5. 鈴鹿山

  6. 役行者山

  7. 綾傘鉾

  8. 函谷鉾

  9. 木賊山

  10. 油天神山

  11. 放下鉾

  12. 長刀鉾