油天神山

古くから町内に祀られていた天神を勧請して作られた山で、油小路綾小路下ル風早町にあるところから「油天神山」とも、また勧請の日がちょうど丑の日にあたっていたので「牛天神山」とも呼ばれるという。
山は正面に朱の鳥居を立て朱塗の社殿にはもと風早家に伝来し、後の町内の祠に祀っていた天神像を安置する。社殿の両脇、随身の板絵は狩野益信(江戸中期)筆と伝える。真木の松の他に紅梅の枝をはなやかに立て鈴をつけている。
装飾
水引は龍鳳凰文の刺繍、前掛と胴掛はいずれも雲竜文の繻子地錦、見送は有名な毛綴(タペストリー)の宮廷宴遊図である。
欄縁は前部だけ凹形に切り込んで社殿をはっきり見せたもので、天保4年(1833)製作の牛と梅の錺金具がついている。

  • 住所:下京区油小路通仏光寺上る風早町
  • ご利益:学問の神様
  • 山の重さ:0.55トン(巡行時。人、懸想品含む)
山建て
宵山
山鉾巡行

関連記事

  1. 芦刈山

  2. 伯牙山

  3. 大船鉾

  4. 綾傘鉾

  5. 木賊山

  6. 長刀鉾

  7. 鈴鹿山

  8. 保昌山

  9. 菊水鉾

  10. 山鉾巡行

  11. 橋弁慶山

  12. 鷹山