白楽天山

ご神体は、唐の詩聖白楽天が、道林禅師に仏法の大意を問うたところ七仏通戒偈の最初の句『諸悪莫作・衆善奉行』(悪い行いをせず善い行いをしなさい)と答えた場面を再現。
道林禅師は緞子地の紫衣を着け、藍色羅沙の帽子をかぶり手に数珠と払子を持ち松の枝の上に座し、白楽天は唐織白地狩衣の衣裳に唐冠をかぶり笏を持って立っている。
装飾
旧水引は明治3年の調製で孔雀や麒麟などの禽獣金絲で縫いつめた刺繍、前掛は文化5年(1808)新調の紺地雲龍文刺繍裂を万延元年(1860)蟷螂山より買受けた毛綴(タペストリー)の三枚つぎである。この毛綴はトロイ城陥落のときイエーニヤスが父を救出する図の優品であり、滋賀県大津市の大津祭の月宮殿山見送と相幅である。
胴掛は雲龍文綴錦もあるが、水引と同様に昭和53年以降、フランスより購入した17世紀製毛綴にかわっている。見送はかつて麒麟龍鳳凰文綴錦であったが、昭和28年より山鹿清華作の北京万寿山図綴織を用いている

  • 住所:下京区室町通仏光寺上る白楽天町
  • ご利益:学問成就、招福除災
  • 山の重さ:0.71トン(巡行時。人、懸想品含む)
  • 白楽天山ホームページ
宵山
山鉾巡行

関連記事

  1. 鈴鹿山

  2. 鶏鉾

  3. 綾傘鉾

  4. 芦刈山

  5. 油天神山

  6. 神輿行事

  7. 南観音山

  8. 山鉾巡行

  9. 八幡山

  10. 占出山

  11. 蟷螂山

  12. 橋弁慶山