鈴鹿山

ご神体は、鈴鹿権現(瀬織津姫命)。伊勢国鈴鹿山で道ゆく人々を苦しめた悪鬼を退治した鈴鹿権現(瀬織津姫命)を、金の烏帽子をかぶり手に大長刀を持つ女人の姿であらわしている。
後の山には退治された悪鬼の首をあらわす赤熊が置かれている。
山に立つ松には鳥居、松、木立と宝珠を描いた絵馬がつけられるのも珍らしく、巡行後に盗難除けの御符としても授与される。
装飾
前掛は平成元年新調、黄砂の道と称する駱駝の図。胴掛は平成11年(1999)新調の桜図綴織と平成13年(2001)新調の紅葉図綴織は共に今井俊満氏原画である。
見送りは文化13年(1816)購入の中国明時代の雲龍文刺繍、天啓2年(1622)の年記を持つ紺神金泥文字、明治35年(1902)作の牡丹鳳凰文刺繍を伝えるが、現在は昭和57年(1982)新調・皆川月華作染彩「布哇の蘭花」を用いている。
欄縁金具は山鹿清華下絵の四季花鳥文様である。

  • 住所:中京区烏丸通三条上る場之町
  • ご利益:雷除けと安産
  • 山の重さ:0.70トン(巡行時。人、懸想品含む)
山建て
宵山
山鉾巡行

関連記事

  1. 八幡山

  2. 占出山

  3. 橋弁慶山

  4. 船鉾

  5. 鷹山

  6. 函谷鉾

  7. 山鉾巡行

  8. 南観音山

  9. 北観音山

  10. 霰天神山

  11. 白楽天山

  12. 菊水鉾