鶏鉾

鶏鉾は堯の時代に天下が良く治まり諫鼓(訴訟用の太鼓)も用いられなくなり鶏が巣を作った中国の古事に由来します。
鉾頭にある三角形の中の円形は鶏卵が諌鼓の中にある意味で、鶏鉾の名の象徴となっているともいわれるがはっきりしたことは不明である。
真木のなかほどの「天王座」には船中月を仰ぐ住吉明神を祀る。
装飾
天水引は下川辺玉鉉、下水引は松村呉春(1752~1811)、松村景文(1779~1843)、など四条派画家の下絵になるものであり、前掛はペルシャ緞通である。
胴掛はペルシャ花文緞通などが用いられていたが、近年、住吉明神にちなんで清水寺の絵馬「朱印船」の図柄のものにかえている。見送は有名な毛綴(タペストリー)で、近年の調査によるとトロイの王子ヘラトルが妻子に別れをつげる図であるという。15世紀頃ベルギーで製作、江戸時代の初期に輸入されたものと考えられ、鯉山の見送と共に重要文化財に指定されている。 

  • 住所:下京区室町通四条下る鶏鉾町
  • 鉾に登るには:拝観券付きグッズか拝観券¥500を購入
  • 鉾の重さ:9.42トン(巡行時。人、懸想品含む)6.99トン(山鉾装飾のみの重量)
    ※山鉾で6番目の重さ
鉾建
曳き初め
宵山
山鉾巡行

関連記事

  1. 保昌山

  2. 菊水鉾

  3. 郭巨山

  4. 蟷螂山

  5. 放下鉾

  6. 四条傘鉾

  7. 鈴鹿山

  8. 橋弁慶山

  9. 南観音山

  10. 山伏山

  11. 長刀鉾

  12. 北観音山