五山の送り火

8月16日、京都の夏の夜に浮かび上がる大の文字。
「大文字焼き」ではなく、正確には「五山の送り火」と呼びます。
五山の送り火とはお盆に行われる京都の伝統行事で、京都を囲む5つの山にそれぞれ「大文字」「左大文字」「船形」「鳥居形」「妙法」の形に火をともすというものです。五つの山に5種類の送り火を焚くところから「五山の送り火」と呼ばれるようになりました。

その起源は諸説に分かれるのですが、平安時代とも室町時代ともいわれ、長い間、京の町の人々に親しまれています。この五山の送り火はお盆の先祖供養の一般信仰「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と結びついたもので、お盆に帰ってきた先祖の魂(精霊。「おしょらいさん」)を各家で供養した後、再びあの世に送り出すという意味があります。
大文字の送り火は護摩木に自分の名前と病名を書いて火床の割木の上に載せて焚くと、その病が癒るという信仰があり、また消炭を持ち帰って粉末にして服すると、持病が癒るとも言われています。
送り火は、京都三大祭(葵祭、祇園祭、時代祭)に加えて、京都四大行事とも言われています。

大文字 (如意ヶ嶽・大文字山) 

五山の中でも一番最初に点火されるのが、この大文字です。その起源は諸説に分かれますが、300年前とも500年前ともいわれています。京都の悠久の歴史に想いを馳せながら大の文字を観賞するのも一興かもしれません。また、文字が細長く美しいことから女性型と呼ばれているそうです。
護摩木は送り火の点火資材として、当日山上へ運ばれ、夜7時から山上の弘法大師堂でお燈明がともされ、大文字寺(浄土院)住職などで般若心経があげられまず。その後、このお幼名を親火に移し、送り火に点火されまず。

  • 場所:左京区大文字山
  • 点火時間:20時点火(30分間点灯)
  • 護摩木の受付:8/15 12時頃~20時頃 8/16 6時~14時30分頃  銀閣寺門前にて
  • 観覧スポット:鴨川堤防(丸太町~御園橋)

火床は全部で75、薪数600束、松葉100束、麦ワラ100束。
一画の長さ80m、二画160m、三画120m。
※点火当日の一般の方の登山はできません。

〈宗派を越えた先祖供養〉
大文字の送り火は、銀閣寺周辺の旧浄土寺村の人々で構成される大文字保存会によって行われています。

点火の瞬間 
大の字の2画目部分を「北の流れ」、3画目部分を「南の流れ」と呼んでいます。
75カ所の火床は、保存会の家ごとに担当が決められています。

当日19時になると、大の字中心部の火床「金尾(かなわ)」近くにある弘法大師堂に灯明が灯され、 浄土院住職や保存会員らによる般若心経などの読経 が行われます。大文字の送り火を管理する浄土院は、天台宗から浄土宗に改められたお寺です。 しかしながら、お寺には真言宗開祖・弘法大師も送り火の本尊として祀られています。 浄土宗の住職が古式通りの形で精霊を浄土に送るのは浄土宗としては異例な事ですが、旧浄土寺村の土着の 信仰を尊重してのことなのです。その後、各火床の責任者は「護摩酢」と呼ばれる仏前の清めの酒をふるまわれ、灯明の火が親火へと移されます。

点火時刻の20時、「南の流れよいか」「北の流れ」よいか」「字頭よいか」「一文字よいか」というかけ声で、 竹に麦わらを巻き付け親火から火を移し た大松明をふりかざし、そのタイミングで一斉に点火されます。

妙・法(万灯籠山・大黒天山)

妙の字形は万灯籠山、法の字形は大黒天山にありますが、二山一対で一山と数えます。妙法の字は法華宗の信仰から由来したものと考えられています。また、15日と16日は守寺の桶泉寺で、日本最古といわれる盆踊り・さし踊が営まれます。

  • 場所:左京区松ヶ崎
  • 点火時間:20時5分点火(30分間点灯)
  • 観覧スポット:「妙」→北山通・宝ヶ池教習所から間近に観られます。「法」→高野橋北
    北山通りをまっすぐのんびりと歩きながら両方観る事ができます。
  • 護摩木の受付 受付はしていません。

妙の火床103、縦横の最長約100m
法の火床63、縦横の最長約70m
薪数400束、松葉170束。

〈題目を唱えて踊って浄土へ送る〉
妙と法の送り火は、財団法人松ヶ崎立正会会員で構成される松ヶ崎妙法送り火保存会によって、西の町組が「妙」、 東の町組が「法」を受け持っています。 松ケ崎には、平安京造営に伴い天皇に米を献上するため移住した100軒の集落がありました。「妙法」の文字と題目踊りは、700年程前に松ケ崎の全村民が 日蓮宗に帰依したことに由来すると伝わっています。

点火の瞬間
当日20時10分、妙法それぞれの山から良く見える位置より、保存会長による合図で同時に点火されます。
妙のある万灯籠山では涌泉寺の住職や保存会員らによる読経が行われます。
点火後は、「南無妙法蓮華経」の題目踊りやさし踊(京都市登録無形民俗文化財)が涌泉寺で始まります。
踊りは送り火前日も行われています。

船形(西賀茂船山)

この船をかたどった送り火は別名「精霊船」とも呼ばれ、船首は西方浄土に向いているといわれています。また、送り火当日には西方寺で六斎念仏が営まれ、共に京都のお盆の行事として親しまれています。 西方寺で鳴らす鐘を合図に点火されます。

  • 場所:北区西賀茂船山
  • 点火時間:20時10分点火(30分間点灯)
  • 護摩木の受付:2日~15日(8:00~16:00)、16日(8:00~10:00)西方寺門前 護摩木 300円
  • 観覧スポット:御園橋周辺

火床は79、横約200m、帆柱の高さ約90m。
薪数400束、松葉130束。

<鉦の音で漕ぎ出す帆かけ船>
船形の送り火は、西方寺のもと西賀茂鎮守庵町、総門口町、今原町の旧家より若中、中老、年寄で構成する船形万燈籠送り火保存会が携わっています。

点火の瞬間
船の帆柱の先端にあたる火床を担当する若中頭が全体の監督を務めます。当日の18時半、ふもとの西方寺から準備ができたかを聞く一番鉦が鳴らされ、20時13分には、元火(ないしょ火)の用意を合図する二番鉦が鳴ります。仏教の半鐘の鳴らし方に準じ、最初はゆっくり、次第にスピードを早めて各番49回ずつ鳴らされます。 
20時15分、山上から手松明によって準備完了の合図が出され、ふもとの西方寺から保存会副会長による三番鉦が鳴らされます。一斉に若中が竹の手松明に親火からの火を移し、受け持つ各火床に走って船底から帆柱へと瞬く間に送り火が点火されます。本堂では住職が読経します。送り火の後は、ふもとの西方寺で六斎念仏(国の重要無形民俗文化財)が催されます。

左大文字(大北山・大文字山)

東山の大文字と並べて、太くて逞しいので男型、左側に見えることから左大文字と呼ばれています。その歴史は大文字・船形・妙法には遅れるものの、300年以上の歴史があるといわれています。
如意ヶ嶽の大文字が室町御所の池に映った様子をみて大北山に「左大文字」の送り火を始めたのが起源で明治時代には「大」の字の上に一画加えて「天」としたこともあったそうです。
また松明を抱えて走る勇壮な松明行列でも知られています。
※一般観光客の入山は全面禁止。

  • 場所:北区大北山
  • 点火時間:20時15分点火(30分間点灯)
  • 護摩木の受付:15日 9:00~15:00 16日 7:00~14:00 金閣寺門前 護摩木 300円
  • 観覧スポット:西大路通 わら天神交差点北

火床53、薪数350束。
一画48m、二画68m、三画59m。

〈松明行列は晴れ舞台〉
左大文字の送り火は、旧大北山村、現在の北区衣笠各町の人々を主体とした左大文字保存会によって行われています。

点火の瞬間
当日の朝に菩提寺である法恩寺に設置された蓮の形の親火点火台に灯明で火を移します。19時頃の住職による施餓鬼法要の後、親火から大松明1基と手 松明約40本に火を移します。 
一方、法恩寺の角には高灯籠、門前の街道では各家の前に門火として松明で篝火が焚かれ、先祖の霊を菩提寺に導きます。その後、松明を持った行列が山上へと 登ります。 この松明行列を見に来る人は年々増えているそうです。
50㎏を超え燃えさかる大松明を担いで山道を登るのは大変な労力です。
53カ所の火床は、年齢や経験などによって担当があらかじめ決められています。いったん火の消された手松明に再び大松明から火を移した後、保存会長の鐘の合図で、手松明によって筆順に点火されます。

鳥居形(曼荼羅山)

この鳥居形が点火される鳥居本は愛宕山への参道にある鳥居が由来となっています。そのため鳥居の字形になったのではないかと思われます。
親火から移された松明を持って一斉に走り、火床に突立てます。鉄製の受け皿火床に乗せて点火するという独特の方法が取られ、108つある火床は、人間の煩悩を焼き尽くします。 
五山の中で唯一西山に位置し、高度も低いために市内各地から見るのは難しいものの、五山の送り火の中でも最も勇壮で美しいと称される送り火です。

  • 場所:右京区嵯峨鳥居本
  • 点火時間:20時20分点火(30分間点灯)
  • 護摩木の受付:13日~15日 9:30~16:00 16日 9:00~15:00 化野念仏寺駐車場 護摩木 300円
  • 観覧スポット:嵐山・広沢の池近く

火床は108、薪数108束。
鳥居の笠貫約70m、左右の脚約80m。

<古式の手法に創意工夫で火が走る> 
鳥居形松明送り火は、嵯峨鳥居本に住む青年を中心に構成される鳥居形松明保存会が行っています。

点火の瞬間
急な斜面に並ぶ火床を熟練会員が、横に並ぶ火床を若者が担当します。
18時頃になると、山上7カ所で護摩木を井桁に積み上げた親火に点火し、その周りで松明をあぶって熱くし、松ヤニを含んだ「じん」を発火しやすいようにふかして点火を待ちます。これが素早い点火の秘訣。

20時20分、保存会長の太鼓による合図僧侶の読経が始まり、各親火床から火を移した松明を手に一斉に走って各火床に突き立てます。 
点火された山上では、化野念仏寺の住職による読経が行われ、精霊が送られます。

広沢池では遍照寺の灯籠流しと鳥居形が一緒にみられます。
灯籠流しはお経の流れる中、池の向こう側から風に乗って流れてきます。

嵐山では中ノ島公園で法要が行われた後、灯籠が流されます。
「鳥居形」と同時に見ることができます。

複数の送り火が見える鑑賞スポット
無料(うちわを扇ぎながら人々の歓声に囲まれて鑑賞)
・将軍塚市公園展望台(妙法以外)
・船岡山公園頂上(鳥居形以外。足場が悪く、混雑するので年配者にはおすすめしません)
・吉田山山頂公園
・真如堂
・京都御苑 (乾御門→京都御所築地塀北側や、寺町御門→仙洞御所南の一部、建礼門前など)
・京都駅ビル(五山全部見えますが事前抽選制)
・一乗寺付近の高野川沿い

有料(お食事を頂きながらちょっとリッチに、涼しくじっくりと鑑賞)
・市内各ホテル頂上(送り火鑑賞プランなど)

送り火に関するお問い合わせは
京都市文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課内 大文字五山保存会連合会事務局(ホームページ

関連記事

  1. 鶏鉾

  2. 油天神山

  3. 孟宗山

  4. 郭巨山

  5. 木賊山

  6. 岩戸山

  7. 役行者山

  8. 菊水鉾

  9. 黒主山

  10. 宵山

  11. 長刀鉾

  12. 蟷螂山