大根焚き

大根焚きは京都の師走の風物詩です。
師走の寒い時期に、無病息災を願って熱々の大根をいただきます。
大根を食べると中風にかからないとされています。今では中風封じだけでなく、諸病平癒、健康増進を祈願して行われます。長年地元の方に愛されてきましたが、最近では遠くから来られる方も増えました。
大きな釜でたくさんの大根をおあげさんを一緒に焚いて、味がしっかりとしみこんでいて美味しいです。
大根に梵字で文字が書かれた生の大根を求められる方もいらっしゃいます。お家で焚いて家族でいただくにはいいですね。

予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。