仁和寺

仁和寺について

朱塗りの中門(重要文化財)の向こうに、御所の紫宸殿を移築した金堂(国宝)の他、五重塔(重要文化財)や観音堂(重要文化財)等が見えてきます。
御影堂(重文)も旧清涼殿の材を用いて建立されました。
霊宝館には、阿弥陀三尊像(国宝)、孔雀明王像(国宝)、弘法大師の真筆三十帖冊子(国宝)等多くの寺宝が陳列されています。
本坊(旧御室御所御殿)の御所風佇まいと豪華な障壁画が見事です。門跡寺院として格式が高く、また、「徒然草」「方丈記」等古典にも数多く登場します。
境内(史跡)の背丈の低い桜は遅咲きの「御室桜」(名勝)として有名です。

 

  • 住所:右京区御室大内33 
  • 交通案内:市バス26・10・59「御室仁和寺」/嵐電「御室仁和寺」
  • 拝観時間:9:00~16:30
  • 料金:無料、御殿:500円 桜祭:300円 他
  • 仁和寺ホームページ

行事

  • 2月3日 節分会
  • 4月桜開花時期 伽藍特別入山
  • 4月~5月 春季名宝展
  • 10月~11月 秋季名宝展
桜の仁和寺
紅葉の仁和寺