涅槃会

※ 予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

涅槃会

涅槃とは

仏教界では吹き消すこと。または吹き消された状態を表します。
あらゆる煩悩から開放され、究極の理想の悟りの世界をさします。一般にお釈迦様の死を表しています。

今から2500年前の旧暦2月15日(現在の3月15日)の夜半にお釈迦さまは、80歳で涅槃に入られました。涅槃会は奈良時代から盛んに行われ、涅槃図を見せることで文字が読めない人にも注意を引き、幅広い年齢層に仏教の教えを説くことが出来ました。怖いと思われていた「死」を身近に感じ「生」と同じよう祝福されるものとして涅槃会が広く庶民に広まったのもこの表情豊かな絵解きによるものです。

一般的な図
釈迦は沙羅双樹の間に頭を北に向け(俗に言う北枕)、右脇を下にして横たわっています。周囲には沢山の菩薩、諸弟子から家畜を含むあらゆる生き物52種類や、母の摩耶夫人も悲しみにくれる様子が描かれています。

レアなもの
死の暗さより、人間釈迦 が悟りを開き、安らかに仏になる瞬間をほめたたえています。そして、香炉をはさんで歓声を上げるように踊リ出すもの。死を安らぎの境地としてとらえている点では高い仏教観が感じられます。