五山送り火

2019年8月16日 (金) 20:00 点火

荘厳な夏の夜を演出する「京都五山送り火」。 
夏の夜空に燃え盛る五山の送り火は、お盆の精霊を送る行事ですが、京都の夏の風物詩としてあまりにも有名です。市中は静寂と独特の厳粛なムードに包まれ、鴨川畔などの鑑賞スポットには、全国から多くの人が集います。
点火時間は午後8時より、各山とも約30分間。市内のビルが照明を落とすと、まず東山如意ヶ嶽に大の字が浮かび上がります。続いて、松ヶ崎の西山に妙・東山に法、西賀茂船山に船形、衣笠大北山に左大文字、最後に嵯峨曼荼羅山に鳥居形が点ります。 
五山送り火は、京の夏の終焉を飾る行事でもあります。

  •  大文字 (東山如意ヶ嶽)─ 20時
  •  妙法 (松ヶ崎西山・東山)─ 20時5分
  •  船形 (西賀茂船山)─ 20時10分
  •  左大文字 (衣笠大北山)─ 20時15分
  •  鳥居形 (嵯峨曼荼羅山)─ 20時20分
    点火時間は各山とも約30分間
    ※気象条件によっては点火時刻を変更する場合もあります。 

【場所】市内各所
【URL】京都五山送り火連合会
【TEL】075-343-0548 京都総合観光案内所

関連記事

  1. 嵐山灯籠流し

  2. 北野天満宮 雷除大祭

  3. 上御霊神社 小山郷六斎念仏