清凉寺 お松明式

昨夜(3月15日)は嵯峨野の清凉寺で京都三大火祭りの一つお松明(たいまつ)式が行われました。
涅槃会の行事として毎年行われます。
涅槃会の開帳と嵯峨大念仏狂言も見られます。
お松明式は本堂で法要が営まれた後、僧侶らが境内を練り歩き、高さ7メートルの3本の松明に点火され、火勢の強弱でその年の農作物の豊凶を占う行事です。
境内には露店も並び、たくさんの人が見守る中で行われます。種火が入ると、あっという間に燃え上がります。
高さのある松明が一瞬で炎に変わる様子に一同から歓声が上がるほどです。
このお松明式が終わると、京都に本格的な春が訪れると言われています。

 

コメントを残す